Organic Private Spa Merta Sari

こんにちは!東京の江戸川区一之江のオーガニックプライベートサロンMertasari(メルタサリ)です。ご訪問ありがとうございます。 《Natural Beauty & Health & Relaxation 本格アーユルヴェーダ・マッサージセラピーサロン》のプライベートサロンです。

こんにちは。マッサージセラピストのEmiです。

CIBTAC国際スパライセンス取得(ボディ・解剖学)

メルタサリでは、体を整えることが、毎日をどう変えるのか。
健康が大事ということはわかるけれど、具体的にどう良いことがあるのか。

そんな体と心、そして毎日の暮らしのつながりを、日本で忙しく働く人へ届けたいと思っています。

古来からの東洋の知恵と、西洋の解剖学・生理学などにもとづいた療法を合わせて、体と心のつながりを取り戻し、ご自身の体を知り、心身の緊張を手放すお時間をお届けします。

〜Anupama Dhanwantari School〜

【全3回】春・夏の基礎コース

本場アーユルヴェーダの女性Dr.と体験する
薬いらずのナチュラルビューティーライフ講座
2019.5-6_AyurSeminar

 

*************************************

インドの病院や製薬会社での臨床経験のあるアーユルヴェーダの女性ドクター、アヌパマ先生から、直接アーユルヴェーダのセルフケアやホームレメディを学ぶ講座です。アーユルヴェーダの基礎理論を学びながら、薬を使わず自然に則った方法で健康と美容をサポートする、アーユルヴェーダ的なライフスタイルを日々に取り入れていきます。

レメディやハーブティを含むセルフケア法は20種類以上。お家にあるもので自分や家族の健康をサポートする方法をアーユルヴェーダ医学より学びます。

2週間に1度のクラスを通して、2ヶ月間で自分のメンテナンス方法をしっかりと身につけることができます。アーユルヴェーダの知識が全くない方、初めての方にもオススメです。

*アーユルヴェーダギフト、テキスト、レシピ付き!
*************************************

 

日時:①催行決定5/16(木), ②5/30(木), ③6/13(木)各回AM9:30-12:30

※12:30より希望者のみアーユルヴェーダの方法で調理されたベジタリアンランチをいただきながら質疑応答のお時間があります。13:45で終了です。(ランチをご希望の方は別途1,200円)

場所:西葛西 アヌパマ先生自宅(東西線西葛西駅より徒歩15分)

講師:アヌパマ・ダラシべ・アワケ先生

通訳:池田早紀

内容:

①デトックスのためのホームレメディー講座 (理論・実習)
-ショートヨガタイム(Asanaポーズ/Pranayama呼吸法)
-実技:チャイの作り方。(ティータイム)
講義:
-アーユルヴェーダとは
-春のディナチャリア(生活法)
-春から夏のホームレメディ(デトックスフード、スパイス、ハーブティなど)
-10分ホームワーク(お家で身につけて元気になろう!ワークシート)

②体質診断と体質別整え方         (理論・実習)
講義:
-体質を知ろう ドーシャとは
-夏のディナチャリア(生活法)
-実技:鼻と頰のアビヤンガ・ナスヤ(オイル点鼻)
-チャイの作り方。(ティータイム)またはデトックスハーバルティを飲んでみよう
-10分ホームワーク(お家で身につけて元気になろう!ワークシート)

③女性のためのアーユルヴェーダケア    (理論・実習)
-朝のうがい(ガンドゥーシャ)
-女性とアーユルヴェーダ。生理、ホルモンバランスについて。
-女性を整えるハーブと過ごし方
-実技:pittaをしずめるクールダウンドリンク作り
-10分ホームワーク(お家で身につけて元気になろう!ワークシート)

料金:8,000円(税込)/1日

———1回ごとにお申し込みの方は各回8,000円(税込)となります。
———全3日間お申し込みの方は24,000→20,000円(税込)となります。
———4/7(日)講座にご参加の方は1,000円オフ(1回のみ)となります。

人数:10名(先着順)(最低催行人数5名)

※定員に達し次第、申し込みを締め切り致します。

持ち物:筆記用具、床に座るときに敷くタオルやブランケットなど、飲み物

5/16, 30, 6/13 アヌパマ先生の講座に申し込む

 

◼Doctor 講師: アヌパマ・ダラシべ・アワケ  Dr. Anupama Dharashive Awake(インド国家資格B.A.M.S アーユルヴェーダ医師・ヨガインストラクター)

インドマハーシュトラ州プネ県出身。日本在住。一児の母であり、アーユルヴェーダ的なライフスタイルを体現する。ヨガ(プラナヤーマ)の伝承家系で祖父、父よりヨガを学ぶ。

幼少期より、医師である父親のクリニックにて、診察を見て育ち、医学の基礎を学ぶ。彼の機械やデータに頼らずに対面での診察を大切にするスタイルは定評があり、その父からの学びはのちの臨床現場での礎となる。同県の「ヴィシュワムルトアーユルベーダホスピタル」にてアーユルヴェーダ専門医として3年勤務。アーユルベーダの診断、薬草学、パンチャカルマ、脈診診断などの臨床経験を積む。

その後日本に住んで6年半。アーユルヴェーダを「理論」だけでなく、「日々の生活に役立つ方法」として、上記専門だけでなく、女性医師ならではの、アーユルヴェーダにおける婦人科、妊婦ケア、育児法、ビューティーケア、セラピーなど、食事・ライフスタイルのアドバイスまでの様々な講座を、インド・日本全国にて多数開催。

“Sarve Santu Niramaya”(all be healthy)「全ての人を、健康で幸せに」という言葉を座右の銘とし、その優しくおおらかな人柄で、多くの女性やその家族をサポートしている。

Interpreter 通訳:池田早紀 Saki IKEDA(アーユルヴェーダカウンセラー・セラピスト)
◆インド国立グジャラート・アーユルヴェーダ大学提携 日本アーユルヴェーダスクール 「アーユルヴェーダライフスタイルカウンセラー」 「アーユルヴェーダ ヒーリング コンサルタント」 ◆米国補完医療大学「Ayurvedic Medicine Practitioner」

2009年より西荻窪の代替医療施設にてアーユルヴェーダカウンセラー&セラピストとして5000以上の症例、クライアントに関わる。

 

前回4/7のアーユルヴェーダ体質診断講座の様子はこちらにご紹介しています。

5/16, 30, 6/13 アヌパマ先生の講座に申し込む

続きを読む

4月のお休み 

3(水)、12(金)、17(水)、25(木)

 

営業時間・受付枠を1時間単位に変更します。

OPEN 10:00〜19:00(最終受付19:00)

 

私の体力・エネルギーが良い状態でできる範囲で、みなさんがご予約しやすくなるようにとこういった変更にいたしました。
よろしくお願いいたします。

短いリフレッシュメニューやお仕事後にもご利用ください。

よろしくお願いいたします。
IMG_3044
 


66d6bc9cda66b7345f63f6b42673c196_s



新月の日だけに開く現実と架空の狭間のカフェ《New moon cafe Merta Sari》。

毎月の新月の日から、カフェでのストーリーと、体と心を滋養するレシピをお届けいたします。

オーナーエミがモデルになっています^^




《New moon cafe  Merta Sari》

とある街に、新月の日だけに開くカフェがあるとどこかで聞いて

半信半疑でその街を訪ねたことがある。

とはいえ、日中明るい時には新月だろうが満月だろうがわからない。

歩く道が心許ないのは

月の暦だけを頼りに、初めての街に降り立ったせいなのだろうか、

それとも新月そのもののエネルギーのせいなのか、、、。

やっぱり無謀だったかな

頭を切り替えて、帰ろうとしたその時

ふわっと風が吹いて、揺れた木々の間から

「New moon café Merta Sari」と書かれた看板が現れ、目を見張った。

ここだ。

カランコロンと、ガムランのような温かな竹の音のドアベルを鳴らしながら

そっと扉を開く。
 





身体が重かった。

 

いや、それ以上に心の方が重たかった。

 

 

 

 

せっかく3月になり、少しずつ春の兆しも感じられたというのに、

どうにも調子が出ない日々が続いていた。

飛ぶように過ぎた2月を終え、

冷たい雨の中迎えた桃の節句。

寒さの中でも一雨ごとに地面が緩み、

 

雨の雨の合間に迎える晴れの日の太陽の日差しの眩しさに、

春が確実に近づいているのを感じる。

本来だったら、重く長かった冬の終わりを感じ

心が浮き足立つはずなのに、

どうしてだろう。


心が軽くなるどころか

毎日どんどんわけもなく落ち込み、

3月に入ってからは、外に出て人に会うのも億劫だった。

せっかくのお休みだった今日。

 

New Moon Caféに出会ってからはいつも新月の日は休みを取ることにしているのだけれど、

 

今日はどうしても、行けそうになかった。

 

いや、行きたいのだけれど、どうしても身体が動きそうになかった。


ちょっと2月に頑張りすぎてしまったのかな?

私もしかして、うつっぽいのかな、、、。

 

 

いつもだったら朝起きて、窓を開けて新鮮な空気を入れてから

ヨーガをして、お白湯を沸かして飲んで、

 

身体を整えてから気持ちよく仕事に行っているのに

最近はそれすらも億劫で、いつの間にかやらなくなっていた。

 

 

今日は朝からパジャマのままで

 

布団の中で目を閉じている。

 

最近、仕事でしてしまった失敗をきっかけに、自分の欠点を反省していたら、自分のできないところばかりを思い出し、だんだんと自信を失ってきてしまっていた。

 

結局私って、何もできないんだなあ、、、。

みんな昇進したり、結婚したり、子どもが生まれたりして、それぞれの居場所で輝いているように見える。 それなのに私はといえば、大きなモチベーションもないままにずっと仕事をしていて、そしてそこでうまくやれているわけでもなくて、、、この間みたいに大きなミスをしてみんなに迷惑をかけている、、、。

 

そんな自分のことを改めて考えていると、本当に自分なんて価値のない人間のように思えてきてしまうのだった。


布団の中でもう一度寝返りを打つ。

 

時計の針はもう昼すぎを指していた。

今日は雨で、朝からずっと薄暗いので

なんとなく昼を過ぎても気持ちも晴れない。


起きなくては、と思いながらこのまま今日はズルズルと夜まで

こうしてしまうのかもしれない。

 

「今日ぐらい、のんびりしてもいいや!」

 

と思えたらいいのだけれど、

今の自分をそんな風に肯定的に捉えることも到底できず、

 

またそんな自分に嫌気がさしながら、重たい気持ちで布団の縁を眺める。

 

今頃、New Moon Caféは賑わっているんだろうか。

エミさんの華やかでパッとその場が明るくなる、あの優しいひまわりのような笑顔を思い出しながら、今日の自分はどうしてもその場に相応しくないような気がしてきて、またぎゅっと目を閉じる。

 

自分はこんなにも弱い人間だったのだろうか。

突然やってきたこの落ち込みに、自分自身でも対応しきれず

 

どうしていいのか困惑もしていた。

 

 

***

そんな時、突然携帯電話の呼び出し音がなった。

 

 

 

Written by Saki Ikeda

New moon Cafe Merta Sari もくじ

New!月の新月

 

◯Story-ものがたり

《ものがたり》第10話 3月の新月 その1

《ものがたり》第10話 3月の新月 その2

《ものがたり》第10話 3月の新月 その3

《ものがたり》第10話 3月の新月 その4

New moon cafe Merta Sari トップへ

 

 

◯Recipe-レシピ

<3月のnew moonレシピ>よもぎのガレット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<3⽉の ハーブティー>
Detox Flow ー巡って流れるお茶ーbyことり薬草


 

 

 

 

 

 

<3月のNew moonコーディアル>

月とカモミールのコーディアルby マヒナファーマシー


 

続きを読む

↑このページのトップヘ