昨年2018は瑞江店のオープンがあり、日本から出られなかったので、
ながーい我慢の時を経て、2年ぶりのバリ。
(とても長く感じたんです 笑)

いつもながら、バリ島というところは、行ける時はヒョイっといけて、
だいぶ前から住んでいたような気がするのに、
いけない時はどんなにうんうん願っても行けない。

バリの神様に呼ばれてるのかな、とやっぱり思うのだ。

IMG_1644

 

今回は、さくっと行ける運びになったものの、
久しぶりなので、経由便でひとり旅しようかと、タイ、ベトナム、タヒチ、ロシア!中東など経由できそうな箇所をいろいろリサーチしワクワクするも、なんだかのらない・・・

大切なことや、スパでの技術も吸収して、早く日本で待っていて下さるお客様方にお届けしたかったので!というのも本当なのだけど、

なんだかわからないけれど、今回は早くバリにつき、確認したい!なにか。があったので、早く行かなきゃ!

ということで、久しぶりに直行ガルーダインドネシア航空で飛んだ。

機内は、運良く隣は空いていて、足を伸ばしながら7時間半。爆睡。起きてもまだつかない。
IMG_1645


途中、フィリピンあたりでハートのかたちの島と、コバルトブルーの海が見えた。天国か!


そして、やっとデンパサールの地を踏んだとき、
「あ〜帰ってきたな〜」という安らぎ。

好きとか、どうとかではなくて、安らぐ。
それを好きというのか?!

.

空港まで先生であり、大切な友人のSarasが迎えに来てくれて、
こどもみたいにキャッキャいいながら、空港で写真をとって、
行き交う人ともキャッキャいいながら。

写真撮るのに夢中になってて、駐車場で通り過ぎる車に邪魔になって。

思わず「はっ!」と身を固くするわたし。
次の瞬間、Sarasとその車の人はこどものように笑顔を交わす。

「あ〜バリだな〜」
と早速嬉しくなる。

.

おだやかで、伸びやかで、いい笑顔。
そんな人に囲まれて、ドラゴンフルーツのジュースを飲んで、
油断していたら、ローカルの数倍の値段を払って(笑)

そんなことも、おもしろくて。

最初に来たときは、本当に学生並みのお財布で、Sarasにごはんもおやつも心配して、食べさせてもらってたけど、今は少しはごちそうできるようになった!


IMG_1673


 地元の若者がやる気なく作ったナシゴレン。
0ひとつ絶対多いけど、まあいいや。

IMG_1677


なまぬるい風と、大地の匂い。
ウブドの濃い夜の気配。

でもなんだか少し濃さが薄れているような気がするのは気のせいかなぁ...



その2 気持ち悪いマッサージ へつづく