Organic Private Spa Merta Sari

こんにちは!東京の江戸川区一之江のオーガニックプライベートサロンMertasari(メルタサリ)です。ご訪問ありがとうございます。 《Natural Beauty & Health & Relaxation 本格アーユルヴェーダ・マッサージセラピーサロン》のプライベートサロンです。

カテゴリ: trip

ウブドボディワークスセンター。
ガイドブックにもインターネットにも載っている、観光客にも在住外国人にも有名なバリアン(シャーマン)のアヌサラさんがいるところ。

チラリと聞いたことはあったけれど、特に全く興味なく、行ったことがなかった。
私はバリ人の友人しか、ウブドにはいないので、「彼らがバリアンのところなんて行かなくていい」
と一喝。

じゃ、いいや。と思っていたのだけど、
今回は「アルサナさんのマッサージいいよ!」と東京のマッサージの先生に言われやって来た。

1ヶ月前くらいに予約。
直接連絡するより、日本のエージェントを通すほうが確実です。
さすが、日本人クオリティの信頼感。
 
IMG_1862

センターにへっぽこ運転の原付で到着。

入った途端、清潔さに気がつく。
バリの良くある民家の作りなのだけど、
隅々まで掃除されている。

天国か!っていう明るさと心地よさ。

ピシッと綺麗なようで、おじいちゃんやら、おばちゃんやら住んでるのか、スタッフなのかわからない人がウロウロしていたりする。



IMG_1857

入口の守り神ガネーシャさんも、ずしりとしている。

特にやる気に満ちてもいない、セラピストと受付に促され、
ジンジャーティーを飲みながら待つこと30分ほど。

.

アヌサラさんの部屋ではなく、普通のスパルームでの施術+お弟子さんのマッサージとスクラブ。

「うっ」といきなり息ができない感じで始まって(笑)
的確・無駄のないストローク。

「ヘルシ〜♬」と言われて、詰まっている腰椎や首をバッキバッキされて、
笑っているうちに終了。

最後少し鎮静している時に、ハートがパカっ!と開いた。

「かわいいね〜!」となでなでされ、こどものような気持ちになった。

これか、人気の秘密。


IMG_1866

何より、私のどこが悪いかが、アルサナさんによくわかってることが、よく感じられた。
日本でもそういう人のマッサージを受けたことがあるが、
的確に捉える目に、確かな技術が合わさっていた。
解剖学的にも細かく的確、しっかり丁寧なマッサージだった。


終わった後、体の隅々まで、幸せ感に包まれていた。
始まりにはコンサルテーション、終わったらアンケートと完熟のパパイヤ。

こういうアンケートで改善していくという姿勢やおもてなし的にも、大雑把なことが多いバリの町スパという感じがしなかった。

IMG_1886
 

アルサナさんの施術中、目を開けて見てたんだけれど、
(ときどき話もしてた)
びっくりするくらい身軽だった。

ベッドの上、床に降りるも自由自在。
ヒョイって1秒で行き来してる!!!

IMG_2098

失礼ながら、おさるのよう!

『プラクティショナーは心身ともに柔軟で身軽。』心のメモに書く。


.


体も、お店の営みもバランス感覚よし。

そしてやはりLOVE。

とても勉強になりました。

⬇︎とろけた・・・

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_740




その4 今回の1番の目的パンチャカルマ(浄化法)へつづく
 

朝起きて、自分の体が意外にも疲れていたことに気づく。

ここでは、誰も来ないし、ずっとお休み。


「日本では、自営業って気をつけないと休みなくいろいろと動いてしまうから、
のんびりしないとな。車で、人と行きかった時に、不機嫌な人になってしまうもんね。」
などど思いながら、のんびりパジャマでウロウロする。

やっぱりさゆとか飲んじゃう私。

アーユル女。



IMG_1683


いつものスパにあるゲストハウスのいつもの部屋。
小さいけれど、庭があって、花や木々がある。
以前来た時より、貴重なフルーツの木とやらが倍以上になっていて驚く。


IMG_1681

バリの植物は色彩が濃い。
昨夜はバケツをひっくり返したように雨が降り、
しっとりした朝にはカエルやカタツムリがやってきた。

というより、わたしがそこにお邪魔している。

日本では寝坊してたのに、体が自然にバリの気候に合わせて早く目覚める。

テラスで緑と雨の匂いを胸いっぱいに吸い込む。

朝の光が美しい。息をしているだけで、細胞が、全身が喜ぶのがわかる。

574307147.758868


フルーツを食べて、前回のトレーニングを一緒に受けたKomangの元へマッサージを受けに行く。

ワクワク。

素直で一生懸命。あの時は学生をしながら、遠くから通ってきていたっけ。

バリでは多い人は一日10人施術することも。
経験は間違いなく私より多いだろうから、きっといいセラピストさんになっているだろうな。

IMG_1710


こちらがKomang。
すっかりセラピストの雰囲気。

バリニーズマッサージを受ける。

「・・・・・」

「あれ?」

前よりスムーズだし、安心感もある。






のに、なぜか気持ちよくなかった。

どうしてだろう・・・・・


.

そして、空間。何かが違う。

以前は明るくて、光に満ちていたスパが、なんかがら〜んとしている。

装飾に絵を飾ったり、内装が変わっているのだけれど、

決定的に何かがなくなっている。



.

決して場所が目立つところではないのに、
観光客や、在住外国人がたくさんきていたのに、
今は来ない。

そして肝心なオーナーセラピストSarasがいない。

IMG_1705

入口の守り神ガネーシャさんにも、大好きなミルクがお供えしてないし・・・

.



なんだかわからない、もやもやとしたものを感じて、
向かいにあるホテルのスパに行ったら、
もっと悪い「気持ち悪いマッサージ」を受けてしまった・・・・・

若い女性だった。


開始15秒で、「やばい」と思った。
めちゃくちゃだった。

何もかもが。

なんども途中で辞めさせてもらおうかと思うが、
これも勉強になる!とMっけたっぷりなじぶんもいて。

60分なんとか耐えた。良かった90分にしなくって。


終わった後、テカテカした顔で「ありがとうございます!」と一生懸命やりきった顔をしていただけに、
余計なんだかとても残念な気持ちになった。

.




普段ほとんどマッサージをしていないこと。
練習もしていないこと、
やる気も落ちてしまっていること。
そのままなんとなく働いていること。


それが手から伝わってきた。



同じセラピストとして、
なんというか、残念な気持ちになった。

日本でもこういうことはあるけど、
日本人の場合もっと確信犯で、まぁそうだよね。
と諦めもつくのだけど、
彼女らは純粋で一所懸命なだけに、
なんだかとても悲しかった。


.

どうしてSarasはトレーニングしてあげないんだろう・・・・・
ふて寝して早く寝た。


その3 極上のマッサージ につづく

 

昨年2018は瑞江店のオープンがあり、日本から出られなかったので、
ながーい我慢の時を経て、2年ぶりのバリ。
(とても長く感じたんです 笑)

いつもながら、バリ島というところは、行ける時はヒョイっといけて、
だいぶ前から住んでいたような気がするのに、
いけない時はどんなにうんうん願っても行けない。

バリの神様に呼ばれてるのかな、とやっぱり思うのだ。

IMG_1644

 

今回は、さくっと行ける運びになったものの、
久しぶりなので、経由便でひとり旅しようかと、タイ、ベトナム、タヒチ、ロシア!中東など経由できそうな箇所をいろいろリサーチしワクワクするも、なんだかのらない・・・

大切なことや、スパでの技術も吸収して、早く日本で待っていて下さるお客様方にお届けしたかったので!というのも本当なのだけど、

なんだかわからないけれど、今回は早くバリにつき、確認したい!なにか。があったので、早く行かなきゃ!

ということで、久しぶりに直行ガルーダインドネシア航空で飛んだ。

機内は、運良く隣は空いていて、足を伸ばしながら7時間半。爆睡。起きてもまだつかない。
IMG_1645


途中、フィリピンあたりでハートのかたちの島と、コバルトブルーの海が見えた。天国か!


そして、やっとデンパサールの地を踏んだとき、
「あ〜帰ってきたな〜」という安らぎ。

好きとか、どうとかではなくて、安らぐ。
それを好きというのか?!

.

空港まで先生であり、大切な友人のSarasが迎えに来てくれて、
こどもみたいにキャッキャいいながら、空港で写真をとって、
行き交う人ともキャッキャいいながら。

写真撮るのに夢中になってて、駐車場で通り過ぎる車に邪魔になって。

思わず「はっ!」と身を固くするわたし。
次の瞬間、Sarasとその車の人はこどものように笑顔を交わす。

「あ〜バリだな〜」
と早速嬉しくなる。

.

おだやかで、伸びやかで、いい笑顔。
そんな人に囲まれて、ドラゴンフルーツのジュースを飲んで、
油断していたら、ローカルの数倍の値段を払って(笑)

そんなことも、おもしろくて。

最初に来たときは、本当に学生並みのお財布で、Sarasにごはんもおやつも心配して、食べさせてもらってたけど、今は少しはごちそうできるようになった!


IMG_1673


 地元の若者がやる気なく作ったナシゴレン。
0ひとつ絶対多いけど、まあいいや。

IMG_1677


なまぬるい風と、大地の匂い。
ウブドの濃い夜の気配。

でもなんだか少し濃さが薄れているような気がするのは気のせいかなぁ...



その2 気持ち悪いマッサージ へつづく 

↑このページのトップヘ