Organic Private Spa Merta Sari

こんにちは!東京の江戸川区一之江のオーガニックプライベートサロンMertasari(メルタサリ)です。ご訪問ありがとうございます。 《Natural Beauty & Health & Relaxation 本格アーユルヴェーダ・マッサージセラピーサロン》のプライベートサロンです。

カテゴリ: ひとりごと

ここのところ、
ホームページやSNSを見て、
はじめて来てくださり、
そのあとお家に帰られてから、
すぐに2回目の ご予約を入れてくださった方が多くいらっしゃいました。

う、う、嬉しいです!!!!!

ありがとうございます

.

お店の看板もなく、後ろ盾もなくどこの馬の骨かもわからない(!)
私の元へお越し下さるって、
しかも裸になってマッサージを受けてくださるって、
きっと勇気もいるし、
とてもありがたいことで・・・

.

そんなみなさまの期待と不安を
リラックスと幸せな気持ちになるよう手助けを。
ドクターコトーのような、小さくともおひとりおひとりを大切にできるお店にしたいと思っております。

.

私はこの業種のお店で、雇われて働いたことがありません。
ですので、定期的に一流の先生のレッスンを受け、技術も確認・指導をしていただいて、
日本のエステのおもてなしも学び、毎日あらゆる周りの人を捕まえては練習して(笑)、確認して。


.

経験が増えれば、自分が知らないことだらけなことがわかります。
もっともっと!という楽しみと。

そして、単にビビりなんだと思います。
(幼稚園の頃、お化け屋敷にも入れなかったし・・・)
不安を、不安がなくなるまで準備すればいい!
そう思ってます。


(マッサージの時は手が震えてたりはしていませんので、ご安心を!^^)

.


もうすぐメルタサリは5周年。
未だに自分が自分のお店をやっていることが不思議ですが。

来てくださる方と過ごす時間は、本当に楽しく、お店やってよかったな〜と思います。

.

みなさんのお体、もっともっと楽になりますように



⬇︎写真は妊婦ではありません^^
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_76b


🎁母の日のプレゼント

60295843_10155859062412271_2398469596769157120_n
 

こんにちは!今日は母の日ですね。

今日は、子育てが終わった世代のおかあさまへ、娘さん、お嫁さんからのマッサージギフトとして、マッサージをさせていただきました。

.

お客様は、
「いつもはお花が届くんだけど、今日は来ないなーと思っていたら、マッサージだった!」

と嬉しそうなお顔。

数ヶ月前にころんでしまい、骨など異常はないも、時折痛そうな姿を心配されてのプレゼントでした。

.

年齢を重ねると、いろいろなところに痛みが出だします。

整形外科や整骨院のマッサージは、保険がききますので上手に利用したいところ。

.

メルタサリでは、アロマオイルマッサージで、
筋肉を少しずつ柔らかく血流を良くしていくことに加えて、老廃物もしっかり流します。

良質なオイルで、年齢とともに乾燥してしまうお肌もしっかり保湿します。

.

加齢とともに筋肉が落ちたり、こり固まり、
血流の帰り道、
[静脈、リンパ]は滞りがちです。

血流を促すと細胞に新鮮な酸素が運ばれ、
組織、皮膚を活性化したり、
オイルマッサージで触れることで、
リラックスしたり、幸せホルモンが促されたりするそうですよ!

脳の活性化にもつながるとのこと❗️

.

また、年齢を重ねると、体は大きく変化し、
更年期にかかるあたりから、アーユルヴェーダでは風の質が増す、という考えがあります。
春の嵐のように「落ち着く、鎮静する」ことが意外と難しく、そわそわ、イライラしやすくなってくるのです。

ひとりだけの空間での、贅沢なリラックスのひととき。
ぜひ多くのリタイア世代の方にも体験していただきたいと思いました。

*****

私は今日、お花とマッサージチケットを、母にプレゼントしました。

仕事が忙しそうでご機嫌ななめでしたが…

昔から大量の肩たたき券をプレゼントしたなぁと思い出しながら。
(全部使ったためしはなかったですが…)

母娘というのは、みな様々なドラマがあり…
ありがとうと伝えることがなかなか素直にできないこともありますが、
母が生み、全力で子育てしてくれなければ、今の私たちはいないんですよね。

お子さんがいる方ならなおのこと、
子育てで、「したいこと」「実際に今日したこと」の間の葛藤に悩まれたりもすることでしょう。

.

愚案和尚という人のエピソードで、

両親を亡くし10年探していたところ、
「亡き人を探すより、亡き人の願いがなんであるかとわが胸に問え。それがわかったら本当の両親に会えるのだ」

と言われ、自分の枠を破ったという話があります。

.


私たちから見えている『お母さん』は実はほんの一部。
親子として一緒にいるのも、一生の中で実は一時期です。

お母さんが亡き人も、まだ一緒に居られる人も、
いまいちど立ち止まり、「その人の願いがなんなのか。」を
深く考えてみたとき、「母として」だけでない、
本当の人としてのその人の姿が見えてくるのかもしれません。

.....

なんて、自分に言い聞かせております 笑(^ ^)

よい母の日を!

↑このページのトップヘ