気温や気圧の差も激しく、生活の変化も激しい春。
この春から新生活という方もいらっしゃるかもしれません。

毎日忙しく休みなく働いていると、自律神経が交感神経のスイッチがONになりっぱなしなんて方も。
現代の生活では、満員電車で押し合い時間通りに出勤、期限や責任のためにベストを尽くし、
生活に戻ってもついついもっとできるかもと詰め込んでいたり・・・

自律神経のバランスが乱れると、食欲がない、疲れやすい、寝つきが悪い、緊張しやすいなどと、なんとなく調子が悪い、なんだかなぁと、さえない日になりやすいですね。

交感神経は綱引きやシーソーのように、どちらかに傾きやすいもの。
今日はアーユルヴェーダでナチュラルに、自律神経のバランスをとる方法をご紹介します。

IMG_3066


アーユルヴェーダでは、上記のような不調は風(vata)の質の増悪と考えます。

アーユルヴェーダとは?
詳しくはこちら

体の中の運搬を司る風(vata)が、増しすぎると
・肌・髪・身体が乾燥する
・冷え性
・集中力がなくなる
・疲れやすい
・眠りが浅い
・バタバタと心身ともにせわしなくなる
・不安感 
などを起こします。
 
まずは、風(vata)を増しすぎる行動を避けましょう。
・急ぐこと、焦ること
・夜更かしをすること
・動きすぎ、働きすぎ、体が疲れすぎること
・多くの心配を抱えすぎること
・体がすでに疲れているのに、十分な休息をせずに体力を回復させないまま、さらに体を疲れさせること

これらを頻繁にしている人は、アーユルヴェーダでは風(vata)を増し、老化現象が早く現れると考えられています。
体に質の高い栄養が行き届かなくなるためです。


b889b2cd5b411eb4a2ccdef26a48c971_s


〜自律神経を整える&アンチエイジングケア〜
・規則正しい生活をする
・朝食は暖かく消化の良いものを、昼にしっかり、夜は早めに腹6分目くらい食べる
・食事はリラックスしながら。消化を見送る(仕事をしながらは、交感神経の働きが活性され消化を阻害します)
・夕方に甘いものを少しとり、休息する
・オイル(セサミオイルを温めたものがベスト)マッサージを毎日する
・ウォーキングや軽い運動をする(軽く汗ばむ程度)
・深呼吸や呼吸法で気の流れを整え、活力を得る
・38~40度のぬるめのお湯で入浴する。(リラックス系の入浴剤も良い)
・8時くらいからはスマホ、PC、テレビなど興奮するもの、目を使うもの、脳を働かせるものを避け、10時くらいには寝る
・アロマのラベンダーやオレンジ、イランイランなどを取り入れるのもおすすめ(ベッドサイドに香らせる、ランプやデュフューザで芳香、アロマ化粧品など)
・生理の時は休むとき。目を使うことを避ける
・何事もやりすぎは老化する!と心得る!


これらは自律神経を整えるだけでなく、体を老化させる原因となる風(vata)を下げるアンチエイジングケアです。
全てをやる必要はないので、この中でこれはできそうというものがあれば、
一つでもやってみてくださいね!

中でも、セサミオイルを乾いた肌に塗ってから、ぬるめのお風呂に浸かるのは、お肌も心もしっとりと落ち着き、とてもおすすめです!

体に良いものをとり、消化し、巡らせることが、美の秘訣である!とアーユルヴェーダでは教えています。

気軽にできる、お風呂や呼吸など、今日から実践できるケアを取り入れてみてくださいね。楽しんで♬

Mertasari Emi KOHARA
ごはん@ヨクサルの小屋




続きを読む