Organic Private Spa Merta Sari

こんにちは!東京の江戸川区一之江のオーガニックプライベートサロンMertasari(メルタサリ)です。ご訪問ありがとうございます。 《Natural Beauty & Health & Relaxation 本格アーユルヴェーダ・マッサージセラピーサロン》のプライベートサロンです。

タグ:ナチュラルケア

6/13(木)梅雨の合間の気持ちよい晴れの日に、

《ダンワンタリアーユルヴェーダスクール Dr.アヌパマのアーユルヴェーダナチュラルビューティライフ講座・春夏コース基礎 Day3》が開かれました!

今回も、講座をサポートする裏方として携わらせていただきました。

 

全3回となるこのコースも今回が最終回です。

 

今回の内容は《女性のためのアーユルヴェーダケア(理論・実習)》でした。

まずは、アヌパマ先生手作りのチャイをいただきながら、講義です。

○講義内容
-女性とアーユルヴェーダ。生理、ホルモンバランスについて。
-女性を整えるハーブと過ごし方

 

⬇︎いつもゆったりとおおらかなアヌパマ先生と早紀先生

 

女性の婦人科系の臓器を、アーユルヴェーダ生理学ではどう捉えているか、を西洋医学と比較しながら紐解いていきます。

アーユルヴェーダでは、血液や母乳は「ラサ」と呼ばれ、まず食べ物から始めに作られる組織と考えられます。

そしてそれが巡り巡って生殖器になります。

 

つまり、「食事がよい体づくりや良い生殖器には大切」と、「全ては食事と消化力」なのです!

食べ物によって、私たちの体は作られるんですね〜細かなレベルでも!

 

⬇︎ジャーン!そう、この婦人科を大切にすることが、女性としての自分を大切にすること!

.

 

女性の問題というのは、私たちにとって切実な問題です。

ストレスや疲れの多い現代社会の中で、仕事や子育て責任と、交感スイッチON〜〜!で挑む女性たち。

ですが、私たちの体というのは、本来揺らぎやすく、繊細なもの。

少しのことで、変化したり、毎月の生理にも現れます。

きっと多くの方が、不調や悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

受講者の方からは、ご自分や、お友達、家族の方の症状について、多く質問が出ました。

 

アヌパマ先生と早紀先生という、ドクターであり、カウンセラー&セラピストであるお二人だからこそ、

みなさんの質問をとても丁寧に聞いておられ、まるで診察やセラピーの時間のようでした。

 

その一人一人を大事に向き合う姿は、私たちを安心・信頼させてくれます。

 

.

 

女性のホルモンバランスを助ける《シャタバリ》も、生の本物に触れることができましたよ〜!これはとても貴重です!

 

そして、もう一つの女性を助けるハーブ、アロエベラ。

 

 

アーユルヴェーダハーブもクンクン。

 

ハーブはどんなものか。それをどのように摂取していくのか。

日本に馴染みのないものも、一緒に体験していきます。

 

ハーブなどを、実際に生で見て、触って。感じて。

説明を受けながら、五感を使って感じていく。これもまたアーユルヴェーダで大切なこと。

また、理論を聞いて、体験をすることで、より理解が深まります。

 

.

 

 

今日の実習はうがい(ガンドゥーシャ)です。

インドの精製されていないセサミオイルでのオイルうがいをしました。

 

 

口に含むこと数分。

唾液を混ざり合い、意外とベタつかないんです!

1回やるとその気持ち良さに病みつきに。

一時期巷で流行ったオイルプリングですが、実はメディアでやっていたココナッツオイルよりセサミオイルがオススメです。

その理由はアーユルヴェーダ的生理学に基づきます。説明は省きますが、ぜひセサミオイルを少し温めて、行ってみてくださいね!

 

この講座では、2週間に1回のクラスを通して、少しずつケアやレメディーをご紹介してきました。

これは、3回の講座を通して、約ひと月半で体や心の変化を見ていただきたかったからです。

自然な方法で少しずつ。でも毎日取り入れるとどう変化するか。

 

その結果、毎回クラスのたびに、受講者の方から嬉しい報告が❣️

私たちにとってアーユルヴェーダを生かすことにより、みなさんの心身が楽になる、というのは何よりの喜びです❤️

 

濃い!3時間があっという間に終わり、終了です!

 

 

>>

 

最後は皆さんで、西葛西のインド料理レカさんにアヌパマ先生が特別注文した《アーユルヴェーダランチ》をいただきました!

これが毎回本当に美味しい!

インド料理よりもマイルドで、完全にベジタリアン。季節の食材や消化吸収を促進するスパイスやハーブが使われています。

インド料理をあんまり食べない私ですが、オイルも少なめで脂っこくないので、これはもりもり、体にすっと入っていきます。

そして翌日は快調になります♬

 

《メニュー》

ー緑のものは、レカさん自家栽培のインドのお野菜のカレー

ーかぼちゃのカレー

ーキール(ミルクとカルダモンなどを煮て、小麦の麺を入れたもの。甘い)

ーピクルス

ーキュウリのサラダ

ーごはん

ーチャパティ

時間は13時過ぎ。美味しくって、そしてお腹ペコペコな私たち。

黙々と夢中でいただきました^^

 

*

 

今回、季節の過ごし方とアーユルヴェーダの基礎、そしてセルフケアを学ぶことで、

自分の体質を知り、自分や家族、周りの人々の整え方を学びました。

 

不調が起きた時も鎮痛剤で止めるのではなく、レメディやケア、食事や生活法でリカバリーしたり、

そもそもその不調が起きる前に予防する、という予防医学アーユルヴェーダならではの考え。

 

特に、女性の婦人科系では、正しい知識を知り、

日常や生理の時期の過ごし方に少し気をつけるだけで、

大人になってからの病気や、更年期の不調を予防していくことができます。

 

逆にいうと、大人になって苦しまないように、

十代や早い段階から、体を大切にしていくことがとても大切だと思います。

 

そんな当たり前のようで、なかなかできないことの大切さを

アーユルヴェーダの観点や生理学の視点から説明いただきました。

 

女性が正しく自分の体を知り、大事に付き合っていくことで、

年齢により『思春期→性成熟期→更年期→老年期』と変化していく女性の体を、

思春期にはよりスムーズに変化させてくれて、成熟期には女性として楽しく過ごし、また更年期には気持ちよく生理を送り出すこそができる。

 

また、自分をケアすることは、自分の体を知り、変化に気付くことで、心身ともに元気にすごす助けになります。

またお母さんが娘さんに伝えていくことで、生理痛やホルモンバランスの乱れ、また婦人科の病気を未然に防ぐことができます。

 

***

 

数年前にアヌパマ先生に出逢った時から、先生がずっと強く望まれていたこと、

 

『日本の方にアーユルヴェーダの知恵を届けたい』。

 

その想いに感動して、また背中を押されて、なんとかしたい、必要とされる方に届けたい!と

私も微力ながら、一人でも多くの方に本当の心身の健康が届くよう、との思いで、これまで進めてまいりました。(必死!)

 

先生のお手伝いをさせていただきながら、

もっと先生のお話をわかりやすく伝えてくれる人が必要!と思っていたとき、

アーユルヴェーダの知識と経験を多くお持ちの池田早紀さんが参加してくださいました!

 

そして今回、『本物のアーユルヴェーダの知識を、やさしく、楽しく学べる講座』をついにお届けすることができました!!!

 

お二人の講座は、リラックスして、楽しくて、わかりやすくて、元気になります!

秋には、《秋冬の過ごし方・中級/上級コース》を行います。

必要とされる方に届きますように。

 

.

 

そして、今回ご参加くださったみなさま。ほんとうにありがとうございました。

ぜひアーユルヴェーダを少しずつ日々の生活に取り入れて、みなさんが健康で楽しく元気に過ごせる!そんなナチュラルケアとなればとても嬉しいです。
 今後ともさらに楽しい!さらに役立つ!より良い講座をお届けしていきたいと思います。

 

また、周りに病院に行くほどでもないけど、元気です!とも言えない。そんな元気がないな〜という方がいたら、そっとオススメしてみてください。

これから、予防医学やポシティブヘルスという分野が、日本にも広がってくるときが必ず来ます。ですが体というのは日々の蓄積。どうか良きタイミングで、必要な方へ届きますよう心から願っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 


参加者の声

Q:コースを受けて、講座、講師、通訳はいかがでしたか?

A: 3回受講させていただきましたが、毎回優しく温かい、そして分かりやすい進め方に感謝申し上げます。濃い時間でした。頭いっぱいかな。

A: 講座時間が3時間という長さを感じない。内容な濃いがあっという間に終わってしまう。池田先生の通訳はきめ細かく受講者一人一人に対して敬意を持って接してくださっているのを感じる。

Q: このコースでどのような学びがありましたか?

A: ”食べること”はすべての始まり。大事だなと思いました。女性としたの自分を大切にすること。

A: アーユルヴェーダは「家族の愛でもある」とおっしゃったDr.アヌパマの言葉が心に残った。

Q: このコースでの学びをどのように生かしていきたいですか

A: 病気になるには、その前に原因があるということ。予防医学、トータルで人生そのものから体のケアを考えてゆく深いアーユルヴェーダ。まずはできること(お白湯)から。

A: 神々、自然への尊敬、人との健康と平和、家族の愛を願う、哲学にも通じるアーユルヴェーダに基づく考え方の実践。(壮大ですが・・)

Q:これからコースを受けようとしている方へオススメのポイントを教えてください

A: 先生方が素晴らしい方ですので、安心してそして気持ちよくアーユルヴェーダの智恵を学べると思います。アットホームな雰囲気の中でも、集中力が高まり、質問もなんでもできますよ。チャイとハーブティーつき。

A: 本場インドのDr.から学べること。インドの文化などに興味のある方。美味しいベジタリアン料理が食べたい方。お茶好きな方。

 

Q:どのような方へオススメしたいですが

A: 全ての方ですが特にティーン(若い女性)

A: アーユルヴェーダーに少しでも興味をお持ちの方。西洋医学を勉強されている方。

 


講座予告!

〜Anupama Dhanwantari Ayurveda School〜

秋・冬

本場アーユルヴェーダの女性Dr.から習得する
アーユルヴェーダセラピスト講座

  • インターミディエート(中級)コース【全3回】
  • アドバンス(上級)コース【全4回】
    *************************************

本場インドのアーユルヴェーダドクターから直接、アーユルヴェーダのトリートメントの手技や理論を学ぶ講座です。本場インドのアーユルヴェーダの医療現場で使用されているオイルやその作り方、正しい使い方などを、優しく大らかな日本で唯一の女性アーユルヴェーダドクター、アヌパマ先生より少人数制で学んでゆきます。

本場インドの貴重なアーユルヴェーダハーブやアイテムは必見です。
2週間に1度のクラスを通して、2ヶ月間でアーユルヴェーダセラピストとしての基礎をしっかりと身につけることができます。

(※終了時にダンワンタリアーユルヴェーダスクールの認定証を発行致します。)
*************************************
[コース予定 *下記内容は変更になる場合がございます。]

日時:①インターミディエート(中級)9/12、9/26、10/10(木)

  • アドバンスコース10/24、10/31、11/14、11/28(木)

10:30~16:00(ランチ休憩1時間あり・アーユルヴェーダランチ付き)

場所:西葛西 アヌパマ先生自宅

 

 

[内容:内容近日公開] 一例

  • インターミディエート(中級)AM講義・PM実技

秋・冬の過ごし方・整え方(理論・実習)(ルトゥチャリア)、オイルの作り方、フェイシャルアビヤンガなど

ヘッドアビヤンガ(オイルマッサージ)、ハーバルフェイシャルパックの作り方、ハーブやスパイスレメディ

  • アドバンスコースAM講義・PM実技

マルマ、カティバスティ、ネトラバスティ、ハーブボール、ヘナなど

○クラスはじめには心整えるPranayama(呼吸法)タイムがあります。

○チャイタイムがあります。

 

料金:近日公開

人数:10名(先着順・最低催行人数5名)

 

講師:アヌパマ先生

通訳:池田早紀

事務局:小原恵美(メルタサリ)

 

※定員に達し次第、申し込みを締め切り致します。

 

内容な近日公開いたします。

内容のリクエスト、お待ちしております!

(6/16 (月)頃まで)

62159990_10155900123917271_5625724704636534784_n

6/13(木) Dr.アヌパマのアーユルヴェーダナチュラルビューティライフ講座・春夏コース基礎​


インド人アーユルヴェーダ医師アヌパマ先生。

いつも講座中に、後ろにいる私にまでも気にかけてくれます。ご自分が1番大変なのに。

その人柄は参加者の方にも伝わるようで、
「参加者に向けた眼差しから愛情深さ、先生のアーユルヴェーダへの愛を感じた」とのお声も。

先生の、「アーユルヴェーダを日本の人に伝えたい」という姿勢はいつも変わらず、参加者の方の質問にも、相談にも丁寧に答えている様子を見ていて、毎回こんなに心から診てくれる医師がいるってほんといいなー❣️

と思います。

.

全3回の講座も残りあと1回。

このアヌパマ先生の講座に通訳の池田早紀さんをお迎えし、
4月に初めてから3回開催いたしました。

まだまだはじめたばかりの講座ですので、
よりよくするために参加者の方にアンケートにご協力をお願いしているのですが、

改善点やご指摘が一切書かれていなくて、
みなさん「わかりやすかった!楽しかった!」と笑顔で帰られていきます。

3人でホッと胸をなでおろしながら、また次回はさらに良いものにしよう!と心を合わせて望んでおります。

学校、スクール!という決まりきった形ではなく、
講座自体が診察やセラピーのような、
ゆったりした、体と心が落ち着く時間になれば、と思っています。
 

****
 

☆6/13(木) 10:00〜13:00
ご希望の方は美味しいできたてアーユルヴェーダランチがいただけます❣️

☆内容
女性のためのアーユルヴェーダケア(理論・実習)
-朝のうがい(ガンドゥーシャ)
-女性とアーユルヴェーダ。生理、ホルモンバランスについて。
-女性を整えるハーブと過ごし方
-実技:pittaをしずめるクールダウンドリンク作り
-10分ホームワーク(お家で身につけて元気になろう!ワークシート)

☆料金:8,000円(税込)

通訳の池田早紀先生が、日本人に合わせてプラスαで説明してくれるから腑に落ちると評判です。

アーユルヴェーダが気になる方も
すでに学ばれているかたも
ホルモンバランスや婦人科に通われて悩んでいる方も

心からおすすめいたします。
よろしくお願いいたします。

詳細はこちらから 

こちら 
 

◼Doctor 講師: アヌパマ・ダラシべ・アワケ  Dr. Anupama Dharashive Awake
(インド国家資格B.A.M.S アーユルヴェーダ医師・ヨガインストラクター)


インドマハーシュトラ州プネ県出身。日本在住。一児の母であり、アーユルヴェーダ的なライフスタイルを体現する。ヨガ(プラナヤーマ)の伝承家系で祖父、父よりヨガを学ぶ。

幼少期より、医師である父親のクリニックにて、診察を見て育ち、医学の基礎を学ぶ。彼の機械やデータに頼らずに対面での診察を大切にするスタイルは定評があり、その父からの学びはのちの臨床現場での礎となる。同県の「ヴィシュワムルトアーユルベーダホスピタル」にてアーユルヴェーダ専門医として3年勤務。アーユルベーダの診断、薬草学、パンチャカルマ、脈診診断などの臨床経験を積む。

その後日本に住んで6年半。アーユルヴェーダを「理論」だけでなく、「日々の生活に役立つ方法」として、上記専門だけでなく、女性医師ならではの、アーユルヴェーダにおける婦人科、妊婦ケア、育児法、ビューティーケア、セラピーなど、食事・ライフスタイルのアドバイスまでの様々な講座を、インド・日本全国にて多数開催。

“Sarve Santu Niramaya”(all be healthy)「全ての人を、健康で幸せに」という言葉を座右の銘とし、その優しくおおらかな人柄で、多くの女性やその家族をサポートしている。

〜Anupama Dhanwantari Ayurveda School〜
5/30、6/13(木)Dr.アヌパマのアーユルヴェーダナチュラルビューティライフ講座・春夏コース基礎

急に夏!のように熱くなりましたね。

早速、クーラー入れてます!
ビールが美味しいです!
というお声も。


私も
アイス、裸足、寝冷え!

とちょっと調子に乗っているので、
ここらでメンテナンスしておきます^^

あとで自分に返ってきますから〜^^
しっかり楽しんだら、応急処置がナチュラルビューティのヒミツです^^

.....

明後日5/30(木)は、
アーユルヴェーダ的『夏の過ごし方』の講座をお送りします。

夏のアイスドリンク、アイスクリーム、冷房の代わりに
体の熱を取り、快適に元気に、お肌もつやつやと夏を楽しむアーユルヴェーダ生活法をアーユルヴェーダ医師@anupama、アーユルヴェーダセラピスト@sakiikedaから
わかりやすく、日本人にもすぐに使える、本場アーユルヴェーダの知識をお伝えします。


30日は、
○アーユルヴェーダ的に自分診断
『体質診断と体質別整え方』
○『ナスヤ』という鼻のオイルケアと鼻マッサージ
なども

*5/30講座*

②体質診断と体質別整え方 (理論・実習)
講義:
-体質を知ろう ドーシャとは
-夏のリトゥチャリア(生活法)
-実技:鼻と頰のアビヤンガ・ナスヤ(オイル点鼻)
-チャイの作り方。(ティータイム)またはデトックスハーバルティを飲んでみよう
-10分ホームワーク(お家で身につけて元気になろう!ワークシート)

*********


□この時期体調をいつも崩しやすい
□夏は苦手
□ナチュラルに元気、キレイになりたい方
□自分の体質や気分の傾向と対策を知りたい方
□人間関係に別の見方のを取り入れたい方
□いつも同じところでつまづいてしまう方
□お子さんの体質やナチュラルに体調管理をしたい方
□アーユルヴェーダの基礎体質診断を仕事に生かしたい方
□アーユルヴェーダってなに?!という方

などにオススメです。

残席わずか。
アットホームな和やかな少人数制クラスです。
3人でお待ちしております^^
http://mertasari-bali.com/2019/05/17/spring/


↑このページのトップヘ