59531860_10155848166237271_7775990134234677248_o-2

女性はいくつになってもやることがたくさん!

数年前に伯父が亡くなったことをきっかけに、親戚や母二人(私と夫の母)と 週に2〜3回ヨガをしています。

その名も『ピンピンコロリの会』!!!

目的は、
・家族の心身の健康
・親の老化による痛みを緩和する
・ボケ防止
・子育て世代が、子育てロスになるのを防ぐ
など

要は、

○表むきで本質 
「心身ともに元気でご機嫌で長生きしてね〜!」

○裏で実はこれ一番大事 
「自分の体は自分で責任持ってメンテナンスしてね〜年齢とともに頑固になっての八つ当たり、とばっちり食わせないでね〜!!!笑」

というもの^^

自分の体は自分で作っていく。
いただいたいのちを大事にして使う。
これが基本だと思います。

.

子どもがいなくても、子育て中でも、子どもが独立しても、
家事、パートナーや親の介護、親戚の人やお友達のために介護やお見舞い、家業のお手伝いなどなど・・・
女性にとって余る時間ってなかなかないですよね。

でもね。

そのままほっておいて、自分の体以上に無理をし続けると、いろいろな病気、体の使い方の癖による腰痛、肩、膝の痛み、イライラ、不機嫌、頭が固くなり、病気や痴呆症などにつながっていきます。

不摂生や無理は確実に体に蓄積し、体内のエネルギー(アーユルヴェーダでいうとドーシャ)を乱し、その乱れが増悪した後、時間差で出てくるのです。

人のことをするには、まず自分のこと。
飛行機の酸素マスクもまず自分がつけるように(笑)

.

そう、ヨガとはいろんなタイプがあるけれど、
呼吸をしながらストレッチしつつ、筋肉、内臓にまで刺激を入れ血流upしたり、
ポースをしないで呼吸をして気を巡らせたり。

みんな、自己免疫力も上がり、風邪はこの数年ひいていませんし、
40代の猫背、いろんなところの贅肉のスッキリし、
後ろ姿20歳若返り!
しなやかで強いBODYになりました。

でも一番の目的は、『精神修養。自己を知る!』

.

(この時点で、あ〜無理という方。

ヨガって、瞑想って、現実的にやったぶんだけ確実に体を活性、若返らせ、毎日を楽にしてくれます。
ヨガやメディテーション、タイチ(太極拳)、ピラティス、マッサージなんかは先進国で日本よりも先にストレス社会になった欧米でも大人気です。今後日本でもきっとその流行りは広がるでしょう。)

b889b2cd5b411eb4a2ccdef26a48c971_s


.


毎日バタバタかあさんたちが、自分に意識を向けることでどんだけ楽になるか!


母でもなく、妻でもなく、ただの自分になる時間が持てると、
それだけで自分と自分がまた、フィットするようで、イライラやバタバタがす〜っと消えていく。


人には、そんな本当の自分に戻る、還る場所というのがあるんですよ〜
ということを難しい理論でなく、体で体感してもらう。


そんな時間です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1a5



.

とはいえ、一番は自分のためにやっているのですけれどね。
家族って身近で、わたしの元気に大きく影響している存在。

病気になってから、心配して病院を回るか。
病気になる前に、できることを提案して、できる範囲で未病のうちに、バランスよく元気にさせるか。

時間・労力・お金をかけるなら、どちらがより有効で、幸せか?!
そんなことを突きつけられた平成だったなと思います。

実はそんなにヨガって好きじゃなかったけど!笑
でも、今毎日健康である礎を築いていただいたことに深く感謝です・・・・

令和は、それがどんどん芽が出て、健やかで美しい本来の花が咲くといいな〜。それをみたいな〜と思います。


もちろんマッサージもすると相乗効果で体がぐんぐん良くなります!
マッサージはヨガやスポーツとの相性バツグンです

019D09B4-8E35-4F8E-8FA6-18C34FBBBD67